火災保険の相場価格は、どれくらい?【新築一戸建て&マンション編】

新築物件をお持ちの方ならば、先々のことを考えて火災保険には加入した方が良いでしょう。

ローンで自宅を建てる方がほとんどでしょうから、その際に借り入れしている銀行から「火災保険に加入してください」とお願いされている方がほとんどでしょう。

 

火災保険 相場

 

しかし、火災保険は自動保険以上に加入する会社によって、保険料もサービスも全く異なります。

 

そう、銀行の言われるがままに火災保険を選んだら、料金や条件の面で損をしてしまうかも知れません。

 

だから火災保険で損をしないために、火災保険の相場を事前に知っておきましょう!

 

火災保険 一括見積もり

 

火災保険の新築一戸建て相場価格一覧

A社 B社 C社
1年 1.2万円〜 3万円〜 2万円〜
5年 6万円〜 14万円〜 9万円〜
10年 12万円〜 27万円〜 18万円〜

※都内一戸建て、新築住宅の場合

 

 

火災保険の相場は、平均すると15〜30万円程度

 

こう見ると高く感じられますが、10年一括払いの計算なので、実質年間1〜3万円程度だとお考えください。

もちろん、特約とつけたり、立地や防火設備などがあったりするかどうかによっても、その金額は異なりますが、一戸建ての火災保険の相場としてはコレぐらいの金額になると考えて問題ないでしょう。

 

 

新築一戸建ての住宅は造りによっても相場価格が変わります!

一口に「新築一戸建て」と言っても、さまざまな家があります。
木造住宅だったり、鉄骨とコンクリートがメインの住宅だったり、実は火災保険は床面積だけでなく、構造別でも相場価格が大きく異なります。

 

H構造

30万円〜(10年)
水災なし:20万円〜
水災、破損、汚損なし:15万円〜

T構造

15万円〜(10年)
水災なし:10万円〜
水災、破損、汚損なし:9万円〜

 

改めて見ると、自動車保険以上に火災保険の相場価格はその差が激しいことがお分かり頂けます。

H構造とは一般的な木造住宅のことです。

 

いくら防災設備が進んだとしても、そもそも材質が"木"で出来ているので、当たり前ですが燃えやすく火災保険料も相場価格から見てもわかる通り、高くなります。

 

逆にT構造は鉄骨や軽量鉄筋で出来ているコンクリート住宅。

住宅の材質もふくめて、耐火性が高いため同じ新築一戸建て住宅であっても、上記の表をご覧頂いてもわかるとおり、相場価格は火災保険料が半額近く安くなります。

 

このように火災保険料の相場価格はアナタの住宅環境によって大きく異なります。

 

我が家の正確な火災保険料を試算するためにも、新築一戸建ての場合は特に保険の一括見積もりサイトを利用して、しっかりシュミレーションすることをオススメします。

 

 

火災保険の新築マンション相場価格一覧

A社 B社 C社
1年 1.2万円〜 1万円〜 0.7万円〜
5年 5万円〜 4万円〜 3万円〜
10年 9万円〜 7万円〜 5万円〜

※都内一戸建て、新築住宅の場合

 

新築一戸建てに比べれば、マンションの火災保険料金は、非常に安い。
10年一括払いでも10万円を切ります。
火災保険 相場 マンション
ただそれでも相場価格の幅は広く、10年で5〜9万円程度が新築マンションの火災保険の相場価格だとお考えください。

 

年間で見ると1年1万円以下の価格で、火災保険に加入することが出来るのですから、「まさか!」の備えのためにも、新築マンションであっても火災保険には加入しておいた方が良いでしょう。

 

 

火災保険の新築マンション相場は、大きくは変わりません!

M構造

10万円〜(10年)
水災なし:8万円〜
水災、破損、汚損なし:6万円〜

 

一戸建ては極論すると、その世帯ごとに造りが異なるため、火災保険料が大きく異なります。

しかし、新築マンションは基本的に造りが「M構造」で出来ているため、マンションごとに相場価格が大きく変わるわけではありません。

 

火災保険の相場価格が微妙に異なるのは、火災保険会社のサービスが違うから。

ささいなサービスの差ですが、その差が10年後の火災保険料になった時、1万円、3万円の差になって表れます。

 

 

火災保険は保険会社によって、どうしてこんなに差が出るの!?

新築一戸建てと新築マンションでは相場価格は、こんなにも差があります。

住環境によっての差が如何ともし難いのはしょうがないにしても、なぜこんなにも差が出てしまうのでしょうか?

 

その理由は火災保険会社のサービスが違うから。

 

一見同じに見える火災保険会社のサービスですが、細かく見ると、いろいろな点で大きな差があるのです。

そして、その差が火災保険料相場の差になっているのです!

 

 

火災保険会社相場の差は補償範囲の差だった!

あまり知られていませんが、火災保険は「火災」の被害だけを補償するものではありません。

現在の火災保険は以下のような災害による被害まで、しっかり補償してくれます。

 

  • 火災:落雷、破裂、爆発
  • 風災:雹(ひょう)災、雪災
  • 水災:台風、集中豪雨、洪水、土砂崩れ
  • 日常災害:盗難、水ぬれ、物体の衝突
  • その他:事故による破損、汚損 など

 

一般的な火災保険の補償範囲は上記の通り。

名前通りではなく、火災以外にも、さまざまな災害を補償してくれることがお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、この補償範囲が保険会社によって違うんです!

 

Aという会社は火災や風災、水災まではしっかり補償するけれど、二位t錠災害の物体の衝突や事故による破損までは、補償されない。

またBという会社は保険料が安い代わりに、水災の補償が弱いなど同じようなサービスに見えて、微妙の保険としてのサービス内容が異なります。

 

この保険会社の補償範囲の差も、保険料相場に大きな差をもたらしているんですよ〜!

 

 

火災保険の差を把握するのは難しい。だから一括見積もりサイトが重要!

火災保険の差や料金の差を自分で調べるのは、簡単なことではありません。

1つ1つの保険会社に問い合わせをするのも大変ですし、保険代理店に直接問い合わせるのも時間がかかってしまいますよね。

 

そんな火災保険会社の差を把握し、自分が加入する火災保険の料金までシュミレーションすることが出来るサービスが保険の一括見積もりサイトです。

 

保険の一括見積もりサイトを利用すれば、必要項目を入力するだけで、実際にかかる保険料のシュミレーションが可能になるだけでなく、10社以上の保険会社の見積もりを取ることが出来るのです!

 

しかも、ネットだから自宅にいながらシュミレーションが出来るし、シュミレーション費用はもちろん無料。

時間をかけずに、自分にあった火災保険の相場を正確に知りたいのなら、保険の一括見積もりサイトを利用するのがベストですよ〜!

 

火災保険 一括見積もり

契約続行中の契約を見直したい際には…。

不要なものがなく、そのうえ格安な火災保険にしていくには、何をすべきなのかということが提案されているサイトが「火災保険ランキング」だと言われています。
何を基準に火災保険を選出すれば有効なのか迷っている人は、火災保険ランキングや利用者の口コミを一定のデータに、業者それぞれをきちんと比較してみてください。
火災保険の額が家計を圧迫する率は、予想を超えて大きいものです。見直しをやってみるつもりなら、人身傷害保険および車両保険について、何はともあれ検証することが求められます。
ウェブを通じて頼んでくる人は、都心へリアの方や、通勤で自家用車を使っていない人が多いです。火災保険比較サイトを用いて契約した場合も保障の中身に違いはないから、それを有効利用する方が便利に違いありません。
往々にして、火災保険はどんな保険会社も更新できる期限は1年となっています。厄介だと思いますがこれを絶好の機会ととらえ、その都度見直しを行っていくことをおすすめいたします。

自分の歳によって火災保険の保険料が変わってきたりするので、人生設計が変化したときに火災保険の見直しにトライすると頭に記憶できたら素晴らしいと思っております。
保険会社自体の評判は、関係業者が実施したアンケートに則って提示した火災保険の顧客満足度ランキングなどで認識することが叶うのです。
今日ではネットを用いて申請を行うダイレクト系火災保険が評判ですが、ウェブを利用して申込をすると保険料がダウンして貰えるのが、インターネット割引になるのです。
おすすめできると考える火災保険プランは様々ございますが、まさに皆々様から見れば最良な保険は、1つ1つの見積もりを比較検討して選ぶのが早道。なぜなら易しくプロフェショナルな保険プランが探し当てられるからです。
「周囲の噂話による評判の証明」と「一括見積もりを通じての支払わなければならない料金の検討」は、火災保険を比較して調査するにあたって、ないと困ると言ってみても問題ない位です。

世間での人気、満足感、評判をよく鑑みて保険料がリーズナブルなこと、ウソのないアフターケアの比較を行い、火災保険を選りすぐることがすごく必要不可欠です。
話題の通販型火災保険は、直接顔をあわせることなく、ウェブを活用して申し込みができちゃいます。加えておすすめするべき部分は、保険料が格段にお値打ちなことです。
契約続行中の契約を見直したい際には、現在締結中の保険証券をただちに置きながら「火災保険ランキング」を調査すると良いでしょう。
「昨年度はNO1に格安な火災保険だった保険企業が、今年も見積もり比較を行ってみると特別にお値打ちな火災保険とは言えなくなった」と思われることは、実際に繰り返し目にすることです。
最近ではインターネットを駆使して易しく比較することができるので、火災保険に関わる見直しを含みながら、あまたのウェブページを参照して、比較を実行することをおすすめしておきます。

各社の火災保険を提供している企業を比較して検討することが大事になってきます…。

利用しやすい一括見積もりを実行するには、お客様の条件入力に不可欠な契約書および免許証、契約している保険会社より保険の更新時期であることをお知らせするハガキが届いているならそちらも同時にご用意下さい。
重要な火災保険の見積もりを数個入手してみると、似通った保障内容であるにも関わらず、見積もり価格に差があるのは、よく見ることでしょう。
長期的な観点で見て、火災保険の低減分を合わせてみて、2、3年後には数十万というコストの開きになってくることを考えてみるともう、見直しの努力をしない正当性はないでしょう。
月々の支払いのリーズナブルな火災保険を見つけるためには、インターネットを使って保険の見積書を発行して貰って、比較を試みることが思いのほか易しく適格な手法だと断言できそうです。
保険会社の評判は、あるシンクタンクが保険会社アンケートに正確に基づき公表した火災保険のインターネットの口コミなどで計測することが叶うのです。

各社の火災保険を提供している企業を比較して検討することが大事になってきます。冊子送付を依頼しても役に立つでしょうし、周りの口コミやランキングサイトも参照していただければと考えています。
火災保険の利用されているランキングを調べてみると、上位に入ってくる保険に限って言えばいくらか共通の魅力がございます。それは保険の料金がお求めやすいということです。
このところリスク細分化と名付けられ、加入者それぞれのリスクへ適応した保険もご用意されています。その人にとって、第一の火災保険がおすすめすべき保険となります。
話題の通販型火災保険に変更した人は、同等の補償内容で多くの場合最低2万円以上割安となっています。驚きですが半額まで安くなったといった方もいるのです。おすすめするべき一番の注目ポイントです。
火災保険を見直しされる時、手軽なのはネットを経由して値段を比較することです。車検証、保険証券、免許証をお持ちになって料金を確かめてみると良いと思います。

おすすめしたい火災保険プランは色んなものがあるのですが、皆様から考えれば一番合った保険は、1つ1つの見積もりを対比させてチョイスするのがおすすめ。なぜかと申しますと、簡易にプロフェショナルな保険プランが見つけられるからです。
1個1個の保険を精細に確認してみる暇がないよという方は、比較・ランキングサイトを駆使して時間を掛けないで、ひとりひとりにお薦めの火災保険を探すのもおすすめしたいと切に願っています。
火災保険をチョイスする原因は、評判がとても良いということであると認識しておくべきですね。比較サイトやら一括見積サイトでは、利用者の評価を検索することも可能となります。
余計なものがなく、併せて低廉な火災保険にしたいときには、どう対処すればいいのかというようなことが明示されているサイトが「火災保険ランキング」だと言えます。
わりかし保険会社の評判やオンラインの掲示板を確認したら、保険料を比較する方が賢明です。一括火災保険見積もりサービスを役立てることで、火災保険各社それぞれの保険料を比較します。

 

火災保険 一括見積もり